Redecorate 0.1 リリース

どれくらい久しぶりなのか、ちょっと考えたくないぐらい久しぶりになってしまいましたが、「Redecorate」という、とても小さく、とてもニッチなアプリをリリースします。

まず、Mission Control のデスクトップ追加(仮想デスクトップ)機能をどれくらいの方が使われているのか分からないのですが、このアプリを使うと、追加したすべてのデスクトップの背景を、いちどに新しい背景に切り替えることができます。

…と、ここで「それの何が嬉しいの?」と思われた方は、そっとブラウザを閉じていただいて大丈夫だと思います。 “Redecorate 0.1 リリース” の続きを読む

Xcode 3 のカラーテーマを Xcode 4 用に変換するアプリ

Xcode 4 では、カラーテーマの仕様も変更されました。今回は、Xcode 3 用のカラーテーマを Xcode 4 に変換するアプリ xccolortheme2dvt を作りましたので、紹介します。

アプリについて

このアプリは、mrevilme 氏が公開されていた Python スクリプト を少し手直しして、AppleScript アプレットでラップしたものです。

TextMacro2Snippet では自力で新しい設定項目にマッピングするコードを書いたのですが、今回はすでにスクリプトが公開されていたので、それを使ってみました。

ダウンロード

使い方

  1. アプリを起動する。
  2. 変換したい Xcode 3 用カラーテーマを選択する(複数選択可)。
  3. 変換した Xcode 4 用のカラーテーマを保存するフォルダを選択する。

    “Xcode 3 のカラーテーマを Xcode 4 用に変換するアプリ” の続きを読む

Xcode 4 用 Code Snippet

先日 Github で Xcode 3 のテキストマクロを Xcode 4 用の Code Snippet 形式に変換するアプリ「TextMacro2Snippet」のソースを 公開 しました。

ただ、Xcode 3 のテキストマクロは、私が使い始めた当時は情報が少なかった(単に見つけられていないだけかも)こともあり、広く一般に利用されているという印象はありません。

そこで、Xcode 4 ですぐに使える変換済みの Code Snippet をあわせて公開しました。内容は、私が Xcode 3 で使っていたものを TextMacro2Snippet で変換したものです。よろしければお試しください:

使い方

使い方は、snippets フォルダの中身を ~/Library/Developer/Xcode/UserData/CodeSnippets/ 以下にコピーし、Xcode 4 がすでに起動していれば、再起動します。

“Xcode 4 用 Code Snippet” の続きを読む

Kaku 1.3.8 リリース

Kaku のアイコンKaku 1.3.8 をリリースします。

ダウンロード

変更点

  • 1.3.8(2009.10.12)
    • (修正)新規記事を作成しようとしたときに「|DateSpecifingMode| of missing value を取り出すことはできません。」というアラートが表示される問題を修正(himajin@sapporo さん、ありがとうございます)

遅くなってしまいましたが、himajin さんにご報告いただいた問題を修正しました。ご報告ありがとうございました。

ご注意(追記 21:55)

上記の問題がすでに発生している方は、バージョン 1.3.8 にアップデートしていただいても、以下の操作を行っていかなければ問題が解決しない場合があります。

  1. 「ブログの設定」をデフォルトから変更している場合、設定内容を記録しておく(次の操作で設定内容が失われる可能性があります)。
  2. 上記の問題が発生するアカウントに対して、「このアカウントに含まれるブログの情報を読み込む…」を実行する。
  3. Kaku を再起動する。

以上の操作を行っても問題が解決しない場合は、大変申し訳ありませんが、データの削除を行って、Kaku を初期状態にしてください(すでにサーバー側に保存された記事や下書きが消えることはありませんが、設定やローカルの下書きは削除されますので、ご注意ください)。Kaku のデータは、以下の場所にあります。

  • /Users/[あなたのユーザ名]/Preferences/jp.lolipop.ppmweb.Kaku.plist
  • /Users/[あなたのユーザ名]/Application Support/Kaku

リリース後の報告となってしまい、大変申し訳ございませんでした。また、himajin@sapporo さん、たびたびのご指摘、ありがとうございます。

Kaku 1.3.7 リリース

Kaku のアイコンKaku 1.3.7 をリリースします。

ダウンロード

変更点

  • 1.3.7(2009.9.21)
    • (修正)記事の日付の設定を「変更しない」以外に設定して記事を投稿しようとすると、「UTCOffset変数は定義されていません。」というアラートが表示され、記事の投稿を続行できない問題を修正(enzosan さん、かじわら さん、ありがとうございます)

今回は、以上の問題に対応した、比較的小さなアップデートとなります。ご報告いただいた方々、ありがとうございました。

Kaku 1.3.6 リリース では、次のバージョンから Leopard 以降専用にする と書きましたが、今回はそのための修正を含めていませんので、Tiger でも問題なく動作するのではないかと思います。ただし、Tiger での動作確認はしておりません。大変申し訳ありませんが、ご了承いただけますようお願いします。

AppleScriptObjC を Cocoa/Objective-C アプリに統合する

Snow Leopard 登場後、いきなり超応用編からスタートしたこの AppleScriptObjC シリ ーズ(?)ですが、今回でひと区切りとさせていただきたいと思います。

もっと基礎的な部分に関しては、本家が出す、と言っているサンプルコードやドキュメントにお任せたいところですが、あまり期待できないので、精力的にサンプルコードをアップしている MacScripter / unScripted などをご参照ください。あるいは、何かリクエストをください。

最後は、Cocoa/Objective-C アプリで AppleScriptObjC を使えるようにする というお話。プロジェクト設定レベルのことなので、技術的な意義はあまりありませんが、よろしければご覧ください。

“AppleScriptObjC を Cocoa/Objective-C アプリに統合する” の続きを読む

Kaku 1.3.6 リリース

Kaku のアイコンKaku 1.3.6 をリリースします。

ダウンロード

変更点

  • (修正)Snow Leopard 上での動作に対応(ご注意:一部の既存ユーザーの方には、動作に問題の出る可能性があります。詳しくは こちら
  • (修正)ココログ、JUGEM 、Seesaa、さくらのブログで、アカウント情報の読み込み時にアラートが表示され、読み込みの続行が不可能になっていた問題を修正(岡田ジャパン さん、せいちゃん さん、zounatsu さん、tarou さん、sasatch さん、Kazukazukazukai さん、blue さん、ありがとうございます)
  • (修正)FC2 ブログで、カテゴリーの読み込みを行うとクラッシュする場合があった問題を修正(ハズ さん、ありがとうございます)
  • (追加)RSD を利用した XML-RPC エンドポイントの自動設定機能を追加
  • (変更)再起動時に不自然な配置になる場合のあった一部ウィンドウの配置方法を変更
  • (変更)PHP Markdown Extra をバージョン 1.2.3 に更新

実に8ヶ月ぶりのアップデートとなります。大変遅くなりました。てか、今年一応アップデートを出せていたのですね。その時期はほとんど記憶がない…(涙)

“Kaku 1.3.6 リリース” の続きを読む

【重要】Kaku は Snow Leopard 上では起動しないでください

Kaku のアイコン実際には、文字通りの起動だけなら大丈夫なはずですが、アカウント情報や記事の読み込みを行うと、データ構造が変化して読み取ることが不可能になったり、データ損失の可能性があることが判明しましたので、大変申し訳ありませんが、Kaku の Snow Leopard 上での起動はお控えください ますようお願いします。

なお、もし Snow Leopard でアカウント情報や記事の読み込みを行ってしまっても、Leopard 上でデータの再読み込みを行えば、復活させることができる可能性があります。Kaku のデータは次の二カ所にありますので、ご確認ください。

  • ~/Library/Preferences/jp.lolipop.ppmweb.Kaku.plist
  • ~/Library/Application Support/Kaku

アップデートについてですが、非 Snow Leopard 関連の項目に関しては、修正と動作確認を終えています。Snow Leopard での動作の問題についてですが、Snow Leopard 上で操作してしまった場合も考慮に入れて修正することが困難な状況になってしまいましたので、大変申し訳ありませんが、Snow Leopard 上で初めて起動した場合と、最後に起動したのが Leopard 上である場合の正常動作を目指していく方針です。

クラスメソッドかインスタンスメソッドか

AppleScriptObjC に関しては、風のウワサで「何でもできるよ!」と聞いてはいたのですが、Cocoa/Objective-C と AppleScript の両方やっている身からすると、触っていくうちにそこかしこで「え? Cocoa のあれどうやってやるの?」という場面に遭遇します。

ふと思ったのが、AppleScript のクラスでどうやってクラスメソッドを定義するのか ということです。ひとまずの結論としては、クラスメソッドとして呼びたければそのように、インスタンスメソッドとして呼びたければそのように呼べばいい ようです。

サンプルコード

ClassMethodOrInstanceMethodScreenSnapz001

“クラスメソッドかインスタンスメソッドか” の続きを読む