WordPress 2.7 に移行+α

今日勢いで、

  • WordPress を 2.7 にアップデート
  • テーマ変更
  • カテゴリーをすべてタグに変更
    • 記事のタグの見直し

…を行いました。

WordPress 2.7 では、いつか手直ししようと思ってできていなかった、コメントのページ分けと降順表示に標準で対応したので、最新のコメントが見やすくなりました。「Apps」以下のページでは、コメント欄を「フィードバック」のタブに入れていてちょっと見づらかったのを、(多少表示が乱れる部分がありますが、とりあえず)せっかくなので、タブの外に出しています。

テーマディレクトリ をキーワード「2.7」で検索してもまだほとんど引っかからない(だからといって対応していないわけではない?)のですが、その中から選んだ Blocks は、ミニマルながら、僕の欲しかった機能(ページのプルダウン表示、WP-PageNavi への対応、フィード URL の変更など)が標準で揃っていて、なかなか良いです。

また、これもやりたいと思っていて出来ていなかった、カテゴリーからタグへの移行も、今日は何も考えず(おい)実行に移しました。Redirection プラグインを使って、とりあえず旧 URL からも閲覧できるようにしていますが、ひどい状態になっていたら、ご一報ください。

いやー、新しいものを触ったり、環境をリフレッシュするのは楽しいですね。更新頻度を戻したくなってきた。

さて、Kaku の WordPress 2.7 対応状況ですが、ページが部分的にしかダウンロードされない という問題が発見されましたので、対応します。少々お待ちを…

WordPress 2.3.2 リリース

2008 年、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

僕は大晦日に気がついてアップグレードしておいたのですが、WordPress(無印)の 緊急セキュリティーリリース、バージョン 2.3.2 が公開されています。ダウンロードは こちら 、WordPress 開発ブログの記事は こちら

修正された問題の内容は:

  1. 下書き記事を閲覧できてしまう問題
  2. エラーメッセージから、データベースのテーブル構造や機能の情報が漏れてしまう問題
  3. 2 と同様に、XML-RPC や AtomPub で一部の情報が漏れてしまう問題

また、追加機能として:

  • wp-content/db-error.php というテンプレートを使って、データベースエラーが起きた場合に表示されるエラーページをカスタマイズできるように

…とのことです。

“WordPress 2.3.2 リリース” の続きを読む

Notes:(調査中)Leopard AppleScript 日本語を使った XML-RPC が不安定に

Leopard には、もちろん素晴らしいところが多々あるのですが、またイヤな情報をひとつ。Leopard 上で Kaku の動作をほとんど殺してくれている不具合について、少なくともどの辺にありそうかは分かってきました。

「不安定に」と少し曖昧に書いていますが、僕が知る限り、2つの問題が組合わさっています。

“Notes:(調査中)Leopard AppleScript 日本語を使った XML-RPC が不安定に” の続きを読む

WordPress 2.3:ブログエディタからのタグの指定

WordPress 2.3 が リリース されましたね。

バージョン 2.3 の目玉機能といえば タグのサポート ですが、これをブログエディタからどうやって指定するかというと、MarsEdit の Daniel Jalkut 氏が 書いて いるように、「キーワード」フィールド に、カンマ区切り で入力するだけ。僕もベータ版の xmlrpc.php を逐一チェックしていたので、確認済みでした。

「 タグ = キーワード 」ではないので(結構近いけど)、ちょっと妙な気もしますが、新たな API を作ってブログエディタの対応を待つよりも、もともと WordPress では(デフォルトでは?)使えなかったフィールドを利用する、という現実的な選択。

「キーワード編集フィールドを、比較的ゆるい条件で表示しているブログエディタ」なら、すぐにタグを使えるはずです。( ecto 3 …! プラグインだからすぐ対応できるはず。たぶん。)

WordPress 2.3 のタグ機能、このサイトでも速攻で使ってみたいんですが、過去の記事をタグで分類したらどのような作用が起きるのか、まだよくわからないので、実験してみなくては。

MT4 × ロリポップ!= OK?

祝・独立記念日! 」ということで(?)Movable Type 4.0 Beta 5 が公開されました。ダウンロードは こちら から。

これまでのリリースでは、以前 書いた、

投稿はできるが、Dashboard → Edit → Entries などで、「Statement has no result columns to bind (perhaps you need to successfully call execute first) at /.../mt/extlib/Data/ObjectDriver/Driver/DBI.pm line 120.」というエラーが出て、再編集することができない。

という問題が解決していませんでしたが、このバージョンでついに修正されたようです。原因 だったのは、この辺?

53378: MT4 does not support MySQL 4.0

FIXED: MT4’s primary features have not been supported if underlying database was MySQL 4.0 in previous beta of MT4. Most (if not all) functions of MT4 now works with MySQL 4.0.

お陰で、初めて「記事の一覧」画面というものを見ることができました。

“MT4 × ロリポップ!= OK?” の続きを読む

Windows Live Editor × WordPress 2.2 続報

先日、リンクしていただいていた せれ さんの サイト で、Windows Live Editor に関する 記事 をぼーっ、と眺めていたら……

カテゴリー追加機能、WordPress 及び TypePad でのページ編集機能 とあります。

皆さんはご存知でしたか? 僕はあれだけ長々と ベタ褒め したにも関わらず、まったく気付いていませんでした。XML-RPC によるカテゴリーの設定や WordPress ページの更新は、前述の記事で書いたスラッグへの対応と同じく、WordPress 2.2 から 採用 されたもので、よく考えれば、スラッグの変更に対応しているなら、これらの機能に対応しているのも当然のことでした。

これはもう、Window Live Editor 1本あれば、WordPress の管理画面をほとんど見ずに、さくさくコンテンツを追加できる 、ということであり、WordPress をお使いの Windows ユーザー には、改めてお勧めせざるを得ません。

念のため、実際にこれらの機能を確認してみると…

“Windows Live Editor × WordPress 2.2 続報” の続きを読む

Windows Live Writer を使ってみる

ちょうど Kaku 1.1 を公開 したころ、Microsoft 謹製のブログエディタ「Windows Live Writer(ベータ版)」が公開されたので、これはライバル……ではまったくありませんが(涙)、チェックしなくては、と思い、(もちろん、Parallels を使って Mac 上で)さっそく使ってみました。

何か明らかに、これまでのこのブログの方向性とかけ離れている(でも実は結構関連性がある)と思われるかもしれませんが、Mac はいまや、他のプラットフォームとの垣根がもっとも低いプラットフォームと言ってよく、「Mac は自由なんだ 」(!?)という、ささやかなアピールでもあります。

そして、使ってみた感想ですが、ところどころ「おっ」と思わせるポイント がいくつかあり、チェックだけのつもりが ちょっと気に入って しまいました。また、これを使ったあと、興味を持ったので、Windows 用の他のブログエディタも大量にインストールして試してみたのですが、そのおかげもあり、Kaku をどのように改善していくべきかのヒントもいろいろ得られた気がします。

では、Windows Live Writer の ちょっと面白いところ を紹介していきます。

“Windows Live Writer を使ってみる” の続きを読む

Notes: AppleScript による XML-RPC で、受信した日付情報が勝手に変更される

ひとつ前の記事 でご紹介した対策を施しても、Kaku での WordPress の記事の日付表示が一向に直らないので、さらに調べてみたところ、AppleScript で行う XML-RPC で受信した日付情報がおかしくなってしまう不具合を見つけました。

問題

  • (舞台裏での XML データの受信は問題ないようだが、)受信した XML データを AppleScript 内で使えるよう変換を行う際、すべての日付情報("«data isotXXXX...»" という形のデータ。中身は ISO 8601 形式)に、UTC であることを表すためのタイムゾーン指定子 Z を付加してしまう。
  • かと言って、前述の記述情報を date 型に変換("... as date")しても、UTC の指定が考慮されるわけではなく、ローカルタイムとして(Z が付いていないときと同じように)扱われる。

対策

  • 直接的なものはない。XML-RPC に AppleScript を使わないようにするしかない。

date 型に変換したとき UTC の指定が考慮されないのはまだしも(もともとそんなのには対応していなさそうだし)、isot が受信されたデータを忠実に保持してさえいてくれれば、文字列に変換して、いくらでも処理できるのですが…。もとの情報は正確に送られてきている(後述)ので、もったいない不具合です。

以下では、(ここまで読めば分かる人もいるかもしれませんが)なぜ WordPress だけ直らないのかを説明しておきます。

“Notes: AppleScript による XML-RPC で、受信した日付情報が勝手に変更される” の続きを読む

Notes: WordPress 2.2 でブログクライアントソフトの日付表示が狂う問題

Kaku を使っているとき、日付のなにかがおかしい予感 がしていたのだが、よほどのことがない限りは問題でない、という感覚なので、見逃していた。

しかし、Kaku の正式版を公開するにあたってちゃんと確認してみたところ、やはり WordPress の記事の日付が明らかにずれていた。しかし、Movable Type や P_BLOG はまったくの無傷。そこで、Kaku が直接の原因ではないのでは、と思って探してみると、やはり WordPress に問題があったようだ: WordPress 2.2 Reporting Incorrect Time | NSLog();

原因

上記の記事やその周辺を読んでいくと、原因は、xmlrpc.php が返す日付は UTC であるにも関わらず、最後に UTC であることを示す タイムゾーン指定子 Z を付けるのを忘れている(参照:「ISO 8601 – Wikipedia」)ために、ブログクライアントソフトがローカルの日付と勘違いしてしまうからのようだ。

対策

対策としては、xmlrpc.php に、上記の記事にも書かれている パッチ を適用する※か、遠くないうちに公開されるであろうバージョン 2.2.1 を待つこと(対策じゃない)。パッチを当てたあと、ectoMarsEdit でこの問題が解決されたのを確認した。

※さらりと書いたけど、初めて patch を使った。xmlrpc.phpxmlrpc.php-dif を同じディレクトリに入れて、patch -p0 <xmlrpc.php-dif か。

ところが、これでは Kaku の日付表示は直らなかった のである…続きはのちほど。

Textile プラグインが崩壊

(追記:もうちょっと調べてみると、これと似たような問題は、4月頃から各所で報告されている模様。ここ とか ここ とか。特に、最初の記事のコメント欄で不具合が報告されているのが PHP 4.4.6 上、ロリポップ!も最近 4.4.6 にアップグレード。これが犯人か?)

昨日(もしかしてもっと前から?)当サイトにお越し下さった方、失礼しました。

最近、別段サイトの設定を大きく変えた覚えはないので、何がきっかけなのか、まったく分からないのですが、昨日、たまたま自分のサイトを見たら、Textile で書いた記事のところから、ページがちょん切れている ことに気付きました。

「Textile で書いた記事」と言ったのは、最近ひそかに(ようやく) Markdown Extra に移行したからなのですが、その Textile・Markdown 混在ページを、WordPress プラグイン「 Text Control 」で実現していて、最近まではうまくいっていたのですが、ここにきていきなり、不具合発生。

“Textile プラグインが崩壊” の続きを読む