Redecorate 0.1 リリース

どれくらい久しぶりなのか、ちょっと考えたくないぐらい久しぶりになってしまいましたが、「Redecorate」という、とても小さく、とてもニッチなアプリをリリースします。

まず、Mission Control のデスクトップ追加(仮想デスクトップ)機能をどれくらいの方が使われているのか分からないのですが、このアプリを使うと、追加したすべてのデスクトップの背景を、いちどに新しい背景に切り替えることができます。

…と、ここで「それの何が嬉しいの?」と思われた方は、そっとブラウザを閉じていただいて大丈夫だと思います。 “Redecorate 0.1 リリース” の続きを読む

Kaku 1.3.8 リリース

Kaku のアイコンKaku 1.3.8 をリリースします。

ダウンロード

変更点

  • 1.3.8(2009.10.12)
    • (修正)新規記事を作成しようとしたときに「|DateSpecifingMode| of missing value を取り出すことはできません。」というアラートが表示される問題を修正(himajin@sapporo さん、ありがとうございます)

遅くなってしまいましたが、himajin さんにご報告いただいた問題を修正しました。ご報告ありがとうございました。

ご注意(追記 21:55)

上記の問題がすでに発生している方は、バージョン 1.3.8 にアップデートしていただいても、以下の操作を行っていかなければ問題が解決しない場合があります。

  1. 「ブログの設定」をデフォルトから変更している場合、設定内容を記録しておく(次の操作で設定内容が失われる可能性があります)。
  2. 上記の問題が発生するアカウントに対して、「このアカウントに含まれるブログの情報を読み込む…」を実行する。
  3. Kaku を再起動する。

以上の操作を行っても問題が解決しない場合は、大変申し訳ありませんが、データの削除を行って、Kaku を初期状態にしてください(すでにサーバー側に保存された記事や下書きが消えることはありませんが、設定やローカルの下書きは削除されますので、ご注意ください)。Kaku のデータは、以下の場所にあります。

  • /Users/[あなたのユーザ名]/Preferences/jp.lolipop.ppmweb.Kaku.plist
  • /Users/[あなたのユーザ名]/Application Support/Kaku

リリース後の報告となってしまい、大変申し訳ございませんでした。また、himajin@sapporo さん、たびたびのご指摘、ありがとうございます。

Kaku 1.3.7 リリース

Kaku のアイコンKaku 1.3.7 をリリースします。

ダウンロード

変更点

  • 1.3.7(2009.9.21)
    • (修正)記事の日付の設定を「変更しない」以外に設定して記事を投稿しようとすると、「UTCOffset変数は定義されていません。」というアラートが表示され、記事の投稿を続行できない問題を修正(enzosan さん、かじわら さん、ありがとうございます)

今回は、以上の問題に対応した、比較的小さなアップデートとなります。ご報告いただいた方々、ありがとうございました。

Kaku 1.3.6 リリース では、次のバージョンから Leopard 以降専用にする と書きましたが、今回はそのための修正を含めていませんので、Tiger でも問題なく動作するのではないかと思います。ただし、Tiger での動作確認はしておりません。大変申し訳ありませんが、ご了承いただけますようお願いします。

Kaku 1.3.6 リリース

Kaku のアイコンKaku 1.3.6 をリリースします。

ダウンロード

変更点

  • (修正)Snow Leopard 上での動作に対応(ご注意:一部の既存ユーザーの方には、動作に問題の出る可能性があります。詳しくは こちら
  • (修正)ココログ、JUGEM 、Seesaa、さくらのブログで、アカウント情報の読み込み時にアラートが表示され、読み込みの続行が不可能になっていた問題を修正(岡田ジャパン さん、せいちゃん さん、zounatsu さん、tarou さん、sasatch さん、Kazukazukazukai さん、blue さん、ありがとうございます)
  • (修正)FC2 ブログで、カテゴリーの読み込みを行うとクラッシュする場合があった問題を修正(ハズ さん、ありがとうございます)
  • (追加)RSD を利用した XML-RPC エンドポイントの自動設定機能を追加
  • (変更)再起動時に不自然な配置になる場合のあった一部ウィンドウの配置方法を変更
  • (変更)PHP Markdown Extra をバージョン 1.2.3 に更新

実に8ヶ月ぶりのアップデートとなります。大変遅くなりました。てか、今年一応アップデートを出せていたのですね。その時期はほとんど記憶がない…(涙)

“Kaku 1.3.6 リリース” の続きを読む

【重要】Kaku は Snow Leopard 上では起動しないでください

Kaku のアイコン実際には、文字通りの起動だけなら大丈夫なはずですが、アカウント情報や記事の読み込みを行うと、データ構造が変化して読み取ることが不可能になったり、データ損失の可能性があることが判明しましたので、大変申し訳ありませんが、Kaku の Snow Leopard 上での起動はお控えください ますようお願いします。

なお、もし Snow Leopard でアカウント情報や記事の読み込みを行ってしまっても、Leopard 上でデータの再読み込みを行えば、復活させることができる可能性があります。Kaku のデータは次の二カ所にありますので、ご確認ください。

  • ~/Library/Preferences/jp.lolipop.ppmweb.Kaku.plist
  • ~/Library/Application Support/Kaku

アップデートについてですが、非 Snow Leopard 関連の項目に関しては、修正と動作確認を終えています。Snow Leopard での動作の問題についてですが、Snow Leopard 上で操作してしまった場合も考慮に入れて修正することが困難な状況になってしまいましたので、大変申し訳ありませんが、Snow Leopard 上で初めて起動した場合と、最後に起動したのが Leopard 上である場合の正常動作を目指していく方針です。

Kaku/Snow Leopard 互換性情報

Kaku のアイコン大変ご無沙汰しております。

当サイトで公開しているブログエディタ Kaku ですが、昨日発売された Mac OS X Snow Leopard 上で動作確認を行ったところ、少なくとも、

  • 「過去の記事を読み込む」ボタンを押すとアラートが表示され、過去記事を読み込むことができない

という問題が発生していることを確認しました。

アップデート時期をお約束することはできないものの、この問題の修正や、その他に問題がないかどうかの確認も含め、対応を行っていきますので、大変申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください。

また、これまでにご報告いただいている不具合ですが、これらについてはすでに修正済みで、テストを行っている段階です。ご報告いただいた方々、ご協力ありがとうございました。

その他のアプリについて

当サイトで公開しているその他のアプリについてですが、Kaku に注力する意味もあり、今回は積極的に動作確認する予定はありません。万が一これらのアプリをお使いの方で問題を発見された場合は、当記事のコメント欄などでお知らせいただけると、大変助かります。

では。

Kaku 1.3.4 リリース

Kaku のアイコンKaku 1.3.4 を公開します。

ダウンロード

変更内容

  • (修正)記事一覧で、前回終了時のソートが保存されていなかった問題を修正(わが猫 さん)
  • (変更)カテゴリーを階層表示するように変更(カテゴリー一覧、カテゴリー追加パネル)

Kaku の紹介ページ でフィードバックをいただいた わが猫 さん、大変遅くなりました。問題、修正できたと思います。

前回と同じく「バグフィックスだけではなんだな」と思って、小さな機能をひとつ追加したのですが、これのせいで結構(いやかなり…汗)余計な時間がかかってしまったかもしれません(すんません)。

“Kaku 1.3.4 リリース” の続きを読む

Kaku 1.3.3 リリース

Kaku のアイコンKaku 1.3.3 を公開します。

ダウンロード

変更内容

  • (修正)記事の ID に数値以外が含まれている場合、エラーが発生する問題を修正
  • (変更)内蔵している The Cocoa XML-RPC Framework をバージョン 1.5 に更新
  • (修正)その他メモリリーク等修正

Kaku の紹介ページかじわら さんにいただいたフィードバックをもとに修正しました(ありがとうございます)。原因は、数値以外が記事の ID に使用されていた場合に、うまくハンドリングできていなかった、という(しょっぼい)ものでした。

これだけではなん(?)ですので、Kaku の Todo リストに上がっている項目のうち、出来そうなものをやってみました。それが XML-RPC フレームワークの更新です。前掲のウェブサイトでは、すでに バージョン 1.5.1 なるものが公開されていて、内容がかなり変わっていますね。これから確認します。

また、Clang Static Analyzer の実行結果をもとに、メモリリークをはじめとした、問題のあるコードを修正しました。「念のため…」というつもりでやってみたんですが、10 数個問題を発見してくれました。

Kaku 1.3.2 リリース

正式リリースとします。

1.3.2RC1 からの変更点はバージョン番号のみですので、1.3.2RC1 をダウンロードされた方は、今回ダウンロードしていただく必要はありません。

使い方に関しては、Kaku の紹介ページ をご覧ください。

ダウンロード

バージョン 1.3.1 からの主な変更点

このバージョンは、以前と比べるとかなりたくさんの ユーザー(と言ったら偉そうですが)さんからのフィードバックのおかげで完成した と思います。ぜひ 詳しいリリースノート もご覧ください。

(リリースノートは、コメントとメールをよく調べて書いたつもりですが、もし抜けていたら、お知らせください。フィードバックを頂いた方々、どうもありがとうございました!)

1.3.2b5 以前のバージョンをお使いの方へ

Kaku の誕生以来、アップグレードインストールする場合は、アカウント情報と記事を再読み込みしてください とお願いしてきましたが、1.3.2RC1 以降では、保存データの構造を自動でアップデート するようになりましたので、この操作は必要ありません。

不具合がありましたら、お知らせください。

XREA サーバーの一部などで正常に通信が行えない問題について

以前の記事は こちら 。メールで続報をいただきました。(ありがとうございます!)

それによると、ZMX サーバー でも、同様の問題が起きる場合があるようです(涙)。

一方、同じ問題が起きていた別のサーバーでは、.htaccess で Kaku の UA 名(というより未知の UA 名?)を弾いており、それを修正すれば動作した という例もあるようです。

Joomla! × Movable Type XML-RPC プラグインへの対応について

Movable Type XML-RPC プラグイン と Kaku の組み合わせでテストしていたのですが、その際気付いたことを作者の Joomler! さんに報告すると、素早く丁寧に対応してくださり、そのおかげで、Kaku で Joomla! サイトを扱うのが、より快適になりました。また、ウェブサイトの記事 で Kaku を紹介してくださいました。この場を借りて、感謝いたします。

「Joomla! をお使いの方は、Movable Type XML-RPC プラグイン と Kaku の組み合わせでぜひ!」と言えるかどうかはわかりません(Kaku 側が。)が、選択肢のひとつとして、お試しいただければ、と思います。

ローカルテキストフィルタ機能のテストは、当初 Joomla! で行っていたのですが、我ながら、Markdown Extra で投稿するのはちょっと楽しいですよ(笑)

Kaku 1.3.2RC1 リリース

Kaku 1.3.2RC1 を公開します。

新機能に関しては、この記事でご説明します。基本的な使い方に関しては、Kaku の紹介ページ をご覧ください。

ダウンロード

変更点

  • アイコンを 512px 化
  • ローカルテキストフィルタ機能を追加
  • データ構造のアップデートを自動化
アイコンを 512px 化

なぜかこのタイミングで。

いいアイコンをつけることの大切さを 訴え ながら、自分のは「アイコンにそのアプリのタイトルでかでかと書いてしまう(文字で判断してもらったらアイコンの意味がない)」という、残念なアイコンの好例 になっていましたが、多少マシになったかと思います。

ローカルテキストフィルタ機能を追加

Kaku 上で Markdown、Textile といったテキストフィルタ(軽量マークアップ言語)の処理を済ませ、ブログシステムには通常の HTML 形式で送信することで、テキストフィルタに対応していないブログシステムをお使いでも、Markdown や Textile で記事を書けるようにする機能です。

単純に HTML 形式で送信するモードのほか、記事に Markdown や Textile で書かれたソースを埋め込むことで、いちど投稿したあともシームレスに再編集できるようにするモードもあります。

詳しくは以下をご覧ください。

データ構造のアップデートを自動化

以前はアップデートのたびに「アカウント情報と記事を再読み込みしてください」とお願いしていましたが、それはとてもひどい(!)ので、起動時にバージョンチェックを行って、必要な場合はアップデートコードを走らせるようにしましたので、今後その必要はなくなります(もし失敗していたら教えてください…汗)。

“Kaku 1.3.2RC1 リリース” の続きを読む