iPhone Software?

どうも先日の NDA 解除についてのメッセージ で Apple が「iPhone Software」という表現を用いたのは、ちょっとした失敗ではないかと。英語圏の人ですら混乱させているし…

「iPhone Software」というのは非常に契約書的な言葉(他にも Apple の使用許諾契約で、「Apple ソフトウェア」とか「iTunes ソフトウェア」とか、ありますよね?)で、そうするとどこかに定義を書いておくべきなんだけど、今回はそんなに改まったものでもない、メッセージという形だったので書かなかった、といったところでしょうか。

単に、Final 版が出ている iPhone SDK の話が自由にできるようになる、という解釈でいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です