Kaku × WordPress 2.2 をお使いの方へ

昨日 Himagine さんから頂いた コメント

さて、当方の気になっていた時差の件。WordPress2.2環境でさっそく試してみました。 ブログ情報の読み込み、過去記事の読み込みをしなおしまして、新たに追加されたUTCとの時差に「9」が入力されているのを確認しました! …が、結果は前バージョンと同じで、投稿時の時刻表示は9時間前のものです。また、更新をしますと9時間ずつ過去にさかのぼっていきます。 やりかた、間違えてないでしょうか…。

…にお答えしようとしたものの、少し長くなりそうなので、記事にしよう…と思っていたら、どなたかがバージョン 1.3.2b1 を 新しもの好きのダウンロード 投稿してくださったようなので、目に留まりやすいこちらの方が、ちょうどいいかも。

問題について

原因

himagine さん、ご迷惑おかけしてます。

WordPress 2.2 のブログに投稿した記事の日付ですが、Kaku での表示に問題はあるものの、狂ってはいません(もちろん、表示の不具合には対応します)。WordPress の管理画面を確認していただければ、Kaku での表示+9時間、つまり日付を指定しないで Kaku から新規記事を投稿したとすると、まさに記事を投稿した日本時間と同じになっていると思います(WordPress 側のタイムゾーンの設定が日本時間でない場合は、また変わってきますが)。また、「UTC との時差」の設定も一応、間違ってはいません。

問題は、更新(上書き投稿)するとき で、日付を指定しないで更新すれば問題ないのですが、Kaku では今のところ、デフォルトで「最後に取得した日付」を指定する(「記事のオプション」パネルの「日付」欄に、この日付が勝手に入っている。これがダメなんですね…汗)ので、つまり上述の場合だと、9時間前の日付を指定してしまうので、日付が過去にさかのぼってしまう、というわけです(すんません)。

対策

現状でしていただける対策としては:

  1. 「過去の記事リスト」に表示されている日付は、見なかったことにしていただく(おい)。2. に注意していただければ、ブラウザ上での表示には問題ない、と思います。
  2. 記事を上書き投稿する場合:

    1. 「日付」欄を空にしておいていただく(記事の日付を変更する必要がない場合)
    2. 「日付」欄にご希望の日付を日本時間で入力し直していただく(記事の日付を更新しなくてはいけないとき)

      • 「日付」欄に “now” と入力してリターンキーを押すと、現在の時刻になります。

…がありますが、できるだけ早く、解決したいと思っています。

※あ、でもここまで書いてきて、himagine さんが こちら で、「新規投稿はずれない」と書かれていたのを思い出して、ちょっと不安になってきた。新規投稿はずれるはず(標準時間で考えたらずれてはいない、ということですかね?)、なんですが…どうでしょう?

“Kaku × WordPress 2.2 をお使いの方へ” への10件の返信

  1. 取り急ぎ。 「新規投稿は標準時間ではずれていない」です。 現状の対策方法で試してみますね。

    いつも早急な対応、ありがとうございます! 😉

  2. ppmさん。 更新の際、日付をブランクにすることで「時間がさかのぼっていく」のは回避できました。また、「now」で現在の時刻で投稿されますね。

  3. > いつも早急な対応、ありがとうございます!

    こちらこそ、迅速に動作報告を頂いて、助かっております 😛

    あ、記事に書いていませんでしたが、(可能であれば)WordPress を最新版にバージョンアップすることでも解決できますよ。

    では、すみません、もうしばらくお待ちください。

  4. ppmさん、どうもです。 😉

    WordPress を最新版にバージョンアップすることでも解決できますよ。

    当方、常時WordPress2.2.3MEでチェックしています(すみません、正確に記していなかったかな…)。WordPressJAPAN経由では最新だと思いますが、更に新しいバージョンがありますか?

  5. ppmさん、どうもです。さきほど、こんなエラーに遭遇しました。

    &1 を取り出すことはできません。 (-1728)

    下書きで投稿してから「記事を削除」するとこのように表示されます。ところが、実際にはサーバー上ではちゃんと削除されています。kaku側には削除されないで残ってしまいます(そうなると、kaku側では削除できないのかな?)

  6. あ、文字が書き換えられてしまった(汗)…どうすれば表示通りに書き込めるかな。半角スペースいれてみます。

    & a m p ; 1を取り出すことはできません。

  7. 私もWordPressME2.2.3なのでまさにこの現象でした。 himagineさんと同じで更新時に日時をnowで現在時刻を入力する、で対処しました。

    最新というと2.3系ですね、pluginとにらめっこしつつ、そちらも検討してみます。

  8. あ、お返事しようと思っていて忘れてしまった! 申し訳ないです。

    Keruru さん、

    (代わりに)ありがとうございます 😉

    himagine さん、

    > 当方、常時WordPress2.2.3MEでチェックしています(すみません、正確に記していなかったかな…)。

    以前コメントいただいたときに、ちゃんと書いてくださっていましたね。失礼しました(汗)

    Keruru さんがおっしゃる通り、2.3系が最新です。ただ ME とは少し仕様が異なるようですので、もしアップグレードされる際は、その辺も注意しながらされるといいかもしれません:

    > kaku側には削除されないで残ってしまいます(そうなると、kaku側では削除できないのかな?)

    Kaku 1.3.2 b1 リリース に書いた通り、ローカルの下書き以外は、「過去の記事を読み込む」を実行した時点で(編集中であっても)上書きされるという仕様なので、逆にこのとき「過去の記事を読み込む」を実行すれば、サーバー側の保存状況と一致させることが出来ます。

    エラーメッセージの件、修正いたします。

  9. 2.3.2日本語版に移行しました。時差問題、解消するみたいですね。これで少し運用してみます。ME系は終息するのかもしれませんね。(データベースのテーブル名がMEと変わったのでちょっとあせりました。セオリー通り上書き、upgradeを実行て問題なく移行できちゃいました。プラグイン関係は検証が必要かもしれません。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です