Meet IconResource.

一つ前の記事 でちょっと書いた Latitude と同じ Cocoia によるプロジェクトですが、これもすごい!

Meet IconResource.Cocoia Blog

What’s IconResource? It’s a video series aimed at intermediate computer users (no Photoshop knowledge required), and aims to teach you about the theory and techniques of icon design. Basically, it teaches you A-Z how to make icons, directly from the source. To get a good insight into its ‘features’, visit the preliminary website.

IconResource は、中級ユーザー(デザイナーではない)を対象にしたビデオ・シリーズで、アイコンのデザインの仕方を、最初から最後まで、みっちり教えてくれるようです。公開は今月26日からで、視聴料も同日発表されるようです(無料ではない)。

僕は、今そんなに資金が潤沢とも言いがたいので、どうするかわかりませんが、これはおカネを払ってでも見る価値があるかもしれません。特に、自分のアプリのクオリティーにはこだわりたい けど、デザイナーさんを雇うほどの規模ではない 、あるいは、デザイナーさんを雇うほどの資金 がない、という方。

なぜなら、HIG に準拠した素晴らしいアイコンを作るデザイナーさんはいっぱいいても、生活に影響するからか、プログラマーがコードの書き方を説明するのとは話が違うからか、そのアイコンの作り方を一般向けに詳しく説明してくれるデザイナーさんは、僕が知る限り、とても少ない からです。ウェブ上で一生懸命探してみても、せいぜい Aqua っぽい球体アイコンの作り方 ぐらいで…(だからデザイナーさんに頼めばいいのかもしれませんが)。

“Meet IconResource.” の続きを読む

Cocoa を飲んで、ほっとして。: コーディング

Cocoa を飲んで、ほっとして。: コーディング

市場に出る製品のプログラミングとはどんなものなのか、こういう仕事に興味がある若い人はとても知りたいのではないかと思います。少しずつ紹介していければと思います。そういう若い人がきっといることを願って。。。

販売が終了した egword・egbridge の元開発者、廣瀬さんによるブログ記事。

先日から、このニュースに関連して、僕が思ったことを書いてみようと思っていたのですが、結局まとまりませんでした…(汗) 僕が言いたかったのは、Mac ソフト市場全体としては、(たぶん)いま、とてもポジティブな空気が流れている よ、ということです。

“Cocoa を飲んで、ほっとして。: コーディング” の続きを読む

AppleScript Studio から Cocoa API を利用する

久々に AppleScript Studio の話題を。先日、applescript-studio ML に、

  • call method コマンドで Cocoa API を呼び出せるのはいいが、膨大な API の中には、AppleScript がネイティブに対応しているものもある。本当に必要な API がどれかを判断するには、どうしたらいいのか

  • また、その必要な API を AppleScript でラップして、AppleScript の知識だけあれば使えるような、ライブラリのようなものを作ったらどうか

という趣旨(たぶん)の 投稿 がありました。

で、僕はそれに返答を試みたのですが、まず英語に関して、読解力は、なんとかキープできていると思いますが、記述力は、もともと無いうえに、さらに悪化、高校レベルの基本的な文法を忘れている気がします。来年の目標が一つ確定(涙) 結局、自分が思ったことを、自分の記述力で漉してみたら、ちょっとしか汁が出なかった(?)という状態だったので、(日本語なら大丈夫かは別として)ここでリベンジしてみようかと。

“AppleScript Studio から Cocoa API を利用する” の続きを読む

Leopard:AppleScript Studio のデバッガが動いた

先日 AppleScript Studio ML を眺めていたら、Leopard で AppleScript Studio のデバッグ機能がちゃんと動いた!という投稿がありました。

AStudio Debugging!AppleScript Studio ML

I installed Leopard last night on a secondary HD. A quick test appears to confirm that honest-to-goodness, working debugging is present in 10.5. I was able to step through a few lines of code with success.

Can anyone else share their experiences with debugging in Leopard?

そんなわけねーだろ! と思って(どんな状況だ)試してみたら、やっぱりブレークポイントを素通りしてしまう。「ほらね!」…と思ったら、デバッガを起動するのが久しぶりすぎて、ビルド構成を「Debug」に変更するのを忘れてた。そして、ビルド構成を変更したら、本当にちゃんと動きました。

“Leopard:AppleScript Studio のデバッガが動いた” の続きを読む

Trimmit のススメ

Eliminate BloatwareVacuous Virtuoso

You can clean apps (sometimes to less than half their original size) with some basic commands in the Terminal. But this takes time, and what’s more, Mac users in general have an aversion to the command line. Enter Trimmit.

ユーザーのディスクスペースを蝕む、無駄なファイルが詰まったアプリ( 以前の記事 )をこの世から無くすため、執拗なまでの執念を燃やす RixtepVacuous Virtuoso から、新しいツールが公開されました。その名も Trimmit です。ダウンロードは、記事下部の「Go get Trimmit.」から。

ご注意

お使いになる前に注意ですが、このソフトで処理したアプリが、常に正常に動作するとは限りません。そのため、バックアップオプションも付いていますが、ご注意ください。

同伴されている 「EULA.html」には、「Blacklist」という項目があり、そこに、うまく動作しないことが確認されたアプリの一覧(CSSEdit などが挙がっています)がありますので、確認してから、お使いください。

“Trimmit のススメ” の続きを読む

Scriptable Core Data フレームワーク

cocoa-dev は流れが速くて、とても全てを追いきれないのですが、今日たまたまチェックしてみたら、まだプロトタイプ段階で、ソースの公開は Leopard の発売直後になるようですが、面白そうなフレームワークの開発がアナウンスされていました。

Scriptable Core Data (SCD) Framework launched on SourceForge

Hello, all — We have initiated an open-source project on SourceForge with the UNIX name “scriptcoredata”: https://scriptcoredata.svn.sourceforge.net/svnroot/scriptcoredata/

僕の理解では、Core Data Document-based Application のコードにちょっと手を加えるだけで、自動(半自動?)的に AppleScript 用語辞書を生成してくれる フレームワークのようです。

リンク先にアップされている発表資料の動画では、Core Data のサンプルアプリ「OutlineEdit」をスクリプタブルにして、AppleScript で項目を追加するデモなどが見られます。

個人的には、「用語辞書が生成されるタイミングによっては、AppleScript Studio でも使える?」という、非常に狭い範囲の期待をしてしまいますが、開発が順調に進めば、自分の Core Data アプリに AppleScript サポートを追加したい開発者や、そのアプリのユーザーにとっては、朗報となるかもしれません。

プロジェクト参加者絶賛募集中 のようなので、腕に覚えのある方はぜひ。僕も、自分の技術力が及ぶなら(及ばない?)、バグレポートぐらいはしなくては、と思ってはいます。

THCanvasView・iMedia Browser

先日公開した Kaku の「イメージマネージャ」のデザインですが、特に、画像の一覧に NSTableView をまんま使っていることで、表示領域を無駄にしており、我ながら「アレ」かな、とは思っています。

ただ、それを改善するには、いまの僕の知識から考えると、膨大な勉強時間が必要で、そのために公開を遅らせたくない、という判断でしたが、一方で、他の優秀な人が、便利なライブラリを公開してくれるんじゃないか という期待も、実はあったのです。

そして、ちょうど最近、そんな 画像一覧表示に使えそうなライブラリ を二つ見つけたので、ご紹介したいと思います。

まだ「使ってみたいな」と狙っている段階ですので、本当に紹介だけですが、悪しからず(おい)。実際に使うことになれば、また改めて記事を書くかもしれません。

“THCanvasView・iMedia Browser” の続きを読む

Notes: NSTextView へのドロップ

この 記事 では、いろんなところでドラッグ&ドロップ操作ができるようにした、ということを書いていますが、いちばん対応に苦労したのが、NSTextView へのドロップ でした。

NSTextView のサブクラスで、独自形式の項目のドロップを受け付ける、あるいは、ドロップされた項目の処理を、独自に実装するには

障害になるのは、ドラッグ&ドロップを実装すること自体がちょっとややこしいことと、NSTextView が、標準でテキストやファイルのドロップに対応しているため、独自形式の項目をドロップできるようにするには、標準の実装を殺さないように、うまく立ち回らなくてはならないことです。

これにはみんな苦労しているようで、cocoa-dev ML には、やたらとこのテーマの質問が投稿されていますが、その中で本当に役に立った記事を紹介しておきます:

この記事では、必要な registerForDraggedTypes: をしていないこと、 (標準で対応している項目の処理方法を変えるのが目的のコードだからか。) ドロップされた項目を、標準の実装に任せるのか、自分で処理するのか判定する部分の効率が悪いこと、-performDragOperation: の部分で、呼び出すスーパークラスのメソッドが間違っている、など注意しなければならない点がありますが、基本的には、これに習えばちゃんと動くはずです。(まあ、その前にちゃんと動かなかったのは、書き方が適当すぎたからですが 汗)

カーソルの位置を、マウスポインタの位置に追従させるには

テキストエディタで文字列をドラッグしてみると分かりますが、標準では、NSTextView 内のカーソルの位置が、マウスポインタの位置に追従します。しかし、ドラッグされている項目の処理を自分で受け取ると、これが動作しないようです。

この場合、自分でカーソルの位置を再計算する必要がありますが、以下の記事に、そのためのコードが掲載されています:

あとは -draggingUpdated: の中などで、自分(NSTextView)に setSelectedRange: してやれば OK です。ただし、別のウィンドウなどからドラッグしてきた項目の場合は、まだカーソルの位置が見えないので、-draggingEntered: の中などで、自分を firstResponder にしてもらえばいいでしょう。

あなたの Mac アプリをシェイプアップしよう — Vacuous Virtuoso

更新頻度は高くないものの、かなりためになる 記事をアップしてくれる、Ankur Kothari 氏によるブログ Vacuous Virtuoso ですが、また面白い記事がアップされていました。

Mac developer? Clean up your appVacuous Virtuoso

Too many apps are shipped with debug symbols, uncompressed images, redundant files or generally useless rubbish that not only wastes users’ disk space, it ultimately ends up increasing the developer’s own bandwidth costs.

多くのサードパーティ製(…とこの記事では書いてあるけど、Apple 製のものは完璧なんだろうか)Mac アプリでは、そのパッケージングに問題があり、非圧縮の画像リソースや必要のないファイルで、ユーザーのディスクスペースを無駄にしていることが少なくないそうです。

それがどんなものかというと、記事で紹介されているものを挙げると、Finder 代替のファイルブラウザ Path Finder が、もとの 60MB から、簡単な処理で 30MB まで減らせる、といった具合。

“あなたの Mac アプリをシェイプアップしよう — Vacuous Virtuoso” の続きを読む