More on Times

「Times」開発者、 Dustin MacDonald 氏からの続報。先日の僕の記事 の、僕が読んでいる国内のニュースサイトはあんまり全文配信してないぞ! という叫び(?)に答えてくれています。

Dustin MacDonald: What is Times?

RSS has its own inconvenient truth: lack of content. Most (if not all) major news sites simply do not provide full content in their feeds, forcing you to read that story in your browser. Because this may never change, Times does the next best thing and downloads the article from its website. Using what may be considered witchcraft and wizardry, these articles are individually formatted for easier reading, removing all overhead and advertisements.

「RSS には不都合な真実がある:コンテンツが欠けている、ということだ。多くのメジャーなニュースサイトは、単純に全文をフィードで提供せず、あなたにその記事をブラウザで読むよう強いている。このことは永久に変わらないかもしれないから、Times では次善の策を取って、記事をそのウェブサイトからダウンロードするようにした。これは妖術や魔法に見えるかもしれないけれど、それらの記事は、読みやすくなるよう、余計な部分や広告を取り除き、個別にフォーマットされる」

なんと、ウェブサイトから直接ページをダウンロードし、広告その他をカットして表示する ようです。確かに、これができないと、Times の活躍の場が狭まってしまいますからね。

これに関しては、さすがに懸念するコメントが出ていますが、純粋な RSS フィード読者としては、より期待が高まるところです。

(僕は広告が表示されるのは別にいいと思っているので、ユーザーが選択できるようにした方が、政治的に?いい気がしますが、逆にそのほうが、技術的に難しいのかも)

“More on Times” への3件の返信

  1. いつも楽しみに読まさせていただいてます。

    「Times」のリリースは楽しみですね。 フィードだけでなく、Webサイトから記事を流し込むってのは、なかなか凄いですね。

    とりあえず、リリースされたら試用してみたいと思っていますが、気になるのは幾らのシェアウェアなのか?ってことですね。

    遅くなりましたが、紹介していただきありがとうございます。

    今後ともよろしくお願いいたします。

  2. コメントを頂けるとは! ありがとうございます。

    気になるのは幾らのシェアウェアなのか?ってことですね。

    そうですね。作者氏も、まだその情報は封じてますからね。「そんなもんか」となるのか、サプライズがあるのか…

    こちらこそ、よろしくお願い致します 😀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です