Evernote、カッコいい!

詳しくは上記記事を。

方向性としては、YojimboTogether といったソフトに近い感じ。僕もこれらのソフトに興味は持っていたものの、こういうソフトがウェブサービスに繋がらないことは考えられなかった ので、二の足を踏んでいました。

一方、現在開発中の Evernote は、まずウェブサービスありき、でもリッチなデスクトップクライアントも必ず用意する という、僕が今のソフトウェアの理想(作る方はめちゃめちゃ大変そうだけど)と考えている形態でリリースされる、というのが、大きな特徴です。

もう一つの大きな特徴は、高度な(手書き)文字認識エンジンを搭載している こと。名刺や手書きメモなどを登録すると、その時点でその内容を、デジタルデータと同様に検索することができます。

Delicious Library を見たとき、なんで iSight をもっと OCR 的に使うソフトがどんどん出てこないんだろう。そしたらめちゃめちゃ便利なのに。 と思っていたので、まさにこれをやろうとしてくれているわけです。1

スクリーンキャスト で、iSight 画像の取り込みを Photo Booth 経由で行っていた部分が気になりましたが(Delicious Library には内蔵 UI がある)、これだけキレイな Mac 向けクライアントソフトを開発できる技術力があれば、すぐに対応されるのではないか、と想像しています。

また、この手書き認識機能が日本語に対応するかも気になりますが、筆記体が認識できる技術力があれ(略)…と期待しています(そう簡単なものでもないかもしれないけど)。

さらにもう一つ特徴を上げるとすれば、さっきちょっと書きましたが、Mac 向けクライアントソフトのデザインがとてもよい ということです(記事やスクリーンキャストをご覧ください)。

これだけのウェブサービスを作るだけでも大変そうなのに、Cocoa ベースのちゃんとした Mac 向けクライアントソフト、さらに iPhone、Windows、Windows Mobile (その他にもいろいろ)向けのクライアントソフトも開発している、というのには、頭が上がりません。

うーん、楽しみだ!


  1. そういう観点から、以前 ReceiptWallet というソフトをダウンロードしてみたとき、スキャナからの入力にしか対応していなくて、すごくがっかりしました。

    Evernote にも、iSight でレシートを撮影すると、家計簿に入力してくれる機能がついたりしたら、全国のお母ちゃんが嬉し泣きすると思うのですが…(そんなお母ちゃんを想像したら、ちょっと面白いけど) 

“Evernote、カッコいい!” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です