Kaku 1.2 リリース

Kaku 1.2 を公開します。

新機能とその使い方 に関してはこの記事を、ダウンロードと 基本的な使い方 に関しては、Kaku の紹介ページ をご覧ください。

バージョン 1.1.1 からの変更点

  • WordPress API への対応を強化( WordPress 2.2 以降 をお使いの方向け)
    • ページの編集に対応
    • カテゴリーの追加 に対応
    • 記事/ページへのパスワードの設定 に対応
  • NetNewsWireExternal Weblog Editor Interface に対応
    • NetNewsWire の「Post to Weblog」ボタンで、今読んでいる記事の内容から、すばやく Kaku の新規記事を作成 できる
  • その他 UI デザインの調整・バグフィックス

新機能の使い方に関しては、以下をご覧ください。

“Kaku 1.2 リリース” の続きを読む

MarsEdit 2 も、もうすぐ。

ちょっと前に書こうとして、結局書いていなかったのですが、Mac 向けブログエディタとしてはもうひとつ(もう片方に関しては こちら )、忘れてはいけない MarsEdit も、実はメジャーアップデートを控えていて、以前から開発中の画面が いく か、開発者さんのブログ にアップされていました。

今日また、スクリーンショットとともに(「早く新バージョンを届けたい!」という興奮にあふれた 笑)新しい記事 がアップされており、それによると「これが最後のティーザーになる」つまり、新バージョンの登場はかなり近そうです(コメント欄では「 Leopard の前に出るよ」とも言っています)。

新機能をまとめてみると、

  • Flickr アカウントとの連携(キーボードから手を離さずに、写真へのリンクを記事に挿入できる)
  • カテゴリーの追加、スラッグの設定に対応(つまり、WordPress API の一部に対応)
  • 強力なテキストマクロ(記事を HTML で書く方には重要でしょう)
  • モダンなルック&フィール(ツールバーアイコンもリニューアル)
  • メニュー項目の配置や、コンテキストメニューの設定といった、細かい部分の改善

となっています。

“MarsEdit 2 も、もうすぐ。” の続きを読む

PPMElasticTabView

ダウンロード:PPMElasticTabView.zip(44KB)

昨日の「Kaku 1.2 予告」で、「ブログ設定パネルが、内容に応じて伸縮するようになった」というようなことを書きましたが、それに使っているのがコレです。

要は、Pages などのインスペクタにみられるような、アニメーションしながら(内包されているウィンドウもろとも)伸縮するタブビュー を実現します。詳しい使い方は以下。

“PPMElasticTabView” の続きを読む

Kaku 1.2 予告

ここひと月ほど、あまり記事を書けていなかったのは、今月の始めあたりに関しては、“身分上” やることがあった、という部分が大きいのですが、最近、新 iMac や ecto のことぐらいしか、個人的に興味を持ったニュースがなかった、ということも原因のひとつでした。近ごろ Mac 関連のニュースサイトは半分くらい iPhone の記事ですからね(もちろん興味はあるけど、使えないもの。涙)。

自分のソフトづくりに関しても、何か周りから、とても面白いソフトが出てこないと、モチベーションが下がってくる…という、よくわからないやる気の無くし方を、少しの間していたのですが(あ、でも、特にここでご報告するまでもないものを延々と作っていたような気もする)、そこは脱して、最近では Kaku を鋭意開発中でした。

変更しようとしていた部分(そんなに多くはないですが…)はほぼできていて、あとは細かい仕上げだけなので(たぶん)、今回は、その変更部分について、書いておきたいと思います。

“Kaku 1.2 予告” の続きを読む

ecto 3 Alpha ついに登場

ついに、実際に触れることのできる、アルファ・バージョンが 登場 (ダウンロードリンクは、記事の中ごろ)したようです。ecto 2 とはデータの保存場所が異なるので、共存させて試すことは可能ですが、アルファ版ということで、試用の際には十分ご注意を。正直まだ、細かい所をいじろうとすると、がんがんクラッシュします。

まずは、ecto 2 とはがらりと変わったアイコンがカワイイですね。頭の中にある考えや、Mac の中にある写真や音楽をぜんぶ広げて記事をつくっていく というイメージでしょうか。

起動してみると、以前開発者さん自身も「外観は ecto 2 から大きく変わったようには見えないだろう」おっしゃっていた通り、ecto 2 ユーザーとしては、割と見慣れた感じの画面です(コードは1からすべて書き直されているんですけどね)。

UI で特に変わったのは、トラックバック先の指定や日付調整のインターフェースが、アニメーション付きのド派手なものになったこと(!)と、サイドバーからカテゴリーを選択できるだけでなく、(恐らく Movable Type 4 のブログで)タグの追加も行えるように なったことでしょうか。これは、Movable Type のタグ機能を活用できないために ecto の使用を躊躇していた方には(僕の発想は逆で、ecto などのブログエディタから使えない機能は使いたくない、です)、少し朗報でしょう。

また、リッチテキスト編集モード( ≒ WYSIWYG編集モード。テキストエディット.app で文書を作る感覚でできる)もブラッシュアップされていますが、そこから HTML 編集モードに切り替えた時の動作など、どうやったら自分の望み通りのかたちで記事が書けるのか、(当たり前ですが)現時点では、まだちょっと混乱してしまう部分があるな、と個人的には思いました。

そして、以前の記事 でも注目していた プラグイン機能 ですが、さっそくアプリケーションパッケージを開いてみると:

テキストフィルタや各ブログシステムへの対応から、Amazon リンク挿入機能に至るまで、これまでほぼハードコーディングされていたであろう多くの機能が、プラグインに置き換わっていることが分かります。プラグインの作成方法はいずれ公開されるようなので、僕も何かアイデアが浮かべば、作ってみたいです。

最初に挙げた作者さんによる 記事 を見てみても、ecto 3 はまだまだその全貌を表していない、という感じですが、可能な方はアルファ版を試しつつ、期待して待ちましょう。

[via TUAW]

New iMac!

New iMac!やはり、残念ながら、起きていてしまいました(まあ結構必然なんですが)。

いつかはやってくる、この日。ついに 新しい iMac発表(Engadget のライブ記事)されましたね。うちのマシンもめでたく、白 × 17インチ 最後のモデル となりました。

iLife ’08 も発表されていて、なかなか凄そうですが、個人的には ふ〜ん 状態なので、新しい iMac を見た感想を書いておくと:

本体

デザインの大枠は変わっていないので、(旧モデル所有者としての)がっかり感は少し軽減。…う〜ん、でもカッコいい!モダン。前モデルからのデザインフォーマットを引き継いでいくというのは、なんだか外車的ですね(てか、同じ名前で何度かまったく別物になっている iMac がユニークなのか)。

キーボード

そのデザインを簡単に表現すると、「MacBook からもいできたキーボード」。なんだか賛否両論ありそうですが、個人的にはかなり歓迎です。数年ノート型を使い続けてきたせいか、デスクトップ用のキーボードが辛い。たまに iBook をさわると、自分のタイプ速度の速さに驚くほどです。ちなみに(昔は大嫌いだったのですが、ツーフィンガースクロールなども相まって)トラックパッドも大好きなので、これにトラックパッドが付いたら(付かないか)即買い。僕はこういうキーボードがもっとあってもいいと思うのですが、どうでしょう…?

で、あとは .Mac 関連の発表にちょっと期待…と思っていたら、ぱっと見、そんなに良くなってなさそうな予感…。あとでまたちゃんとチェックします。 あ、「Numbers」出てる…!(笑)