Notes: CSSEdit で日本語を入力できない

以前、CSSEdit絶賛 しましたが、唯一の弱点と言えるのが、日本語(多言語)への対応です。

まず、エンコーディングメニューが装備されていないので、(恐らく)UTF-8 以外のエンコーディングでスタイルシートを作らなくてはならないときは、追加の処理が必要な場合もあるかもしれません。また、それ以前の問題として、初期設定のまま使っていると、日本語が入力できません(入力しても表示されません)。今回は、この問題について書きたいと思います。

…というほど難しい問題ではないのですが、こうならないように、

Preferences > Source Editing > Editing > Select… で日本語フォントを選択しておく

ようにしてください。

システム標準のテキストフィールドを使っていれば、英語フォントに設定していても、日本語は日本語フォントで表示されるはずですが、ものすごい予測候補表示やシンタックスカラーリングのために改造してあるのでしょう。たぶん。

“Notes: CSSEdit で日本語を入力できない” への2件の返信

  1. 私もこれを試してみたんですが、やはり等幅フォントを使いたいのでOsaka等幅を選ぶと、アンチエイリアスがかかってしまうのですね……。ソースコードの文字はアンチエイリアス・オフで表示したいという無駄な執着があり、前からの設定、Monaco/10ptに戻しました。Monacoだけはなぜか10pt以下だとアンチエイリアスがかからない。

  2. そこがこだわりのある方には切ないところですね(涙)

    私もかつて AppleScript を編集する際のデフォルトフォントが非等幅の Osaka で、しかも変更の仕方が分からず、発狂しかけた(言い過ぎか)ことがあります。

    ただ、気が変わるのも早く、Smultron のデフォルトフォントが Monaco/12pt になったあたりから「これが新しいんじゃないか」というわけのわからない理由でターミナルにも設定してみたり…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です