自作ソフトやウェブサービスで使える、ロイヤリティフリーのツールバーアイコン 45 個セット

ウェブデザインやグラフィックデザインを手がける、米 Kombine 社の ウェブサイト で、自作ソフトやウェブサービスで使える、ロイヤリティフリーのツールバーアイコン 45 個セットが 公開 されています。クオリティーもかなり高いものです。

これは、インディペンデントなソフト/サービスメーカーの方には朗報だと思います。

ツールバーアイコン(やアプリケーションアイコン)って、素人が自作するとアレな感じになってしまいますが(うちのソフトがいい例? 笑)、かといってデザイン会社に頼むほどのものではもちろんないし…。これは、数は非常に限られていますが、ソフトのクオリティーを底上げするいい手助けになります。

さらに、これは、もうちょっとシリアスにソフトを作ってらっしゃる、(…でも、ツールバーアイコンを自作するのはちょっと負担になる、という)小規模なシェアウェア作者さんなどにお勧めなのですが、$59.95 で、フリー版のものも含めて 244 個のアイコンを収録した「Complete Set」を購入することができます。これだけ揃っていれば、たいていのソフトのツールバーアイコンはまかなえるのではないでしょうか。

次の記事では、さっそく「使用例」を出してみたいと思います。

ちなみに、このアイコンセットのライセンスは(簡単なものながら)独自のものとなっているため、以下に、簡単に訳して置いておきます。もちろん、実際にアイコンセットを使われる場合は、 ご自分の責任で、ライセンス条項の原文をお読みになって 、お使いください。

“自作ソフトやウェブサービスで使える、ロイヤリティフリーのツールバーアイコン 45 個セット” の続きを読む

MarsEdit が Red Sweater Software に買収される

「Mac 用のブログクライアントソフトの代表」といえば、「 ecto 」と「MarsEdit」が挙げられると思いますが、ecto の作者さんは本業が忙しくなり、MarsEdit の作者さんは、もう一つの作品である RSS リーダー「 NetNewsWire 」の開発に時間を取られ、それぞれ最近は大きなアップデートが行われない、という、Mac ユーザーとしては寂しい状況が続いてきました。

しかし先日(結構前ですが 汗)、 MarsEdit が Red Sweater Software に買収された 、ということで、この状況が少し変わってきそうな予感です。

ecto と比べたときの MarsEdit のよさは、Mac ソフトらしい(ecto はちょっとクセあり)・シンプルで分かりやすいインターフェース・安定している、といった点が挙げられると思いますが、一方で、画像投稿機能や、iTunes や Amazon との連携など、単純なブログクライアントの領域を超えた、プラスアルファの面ではまだ劣っている感があります。

しかし今回、開発者さんが一人しっかり付くことで、その面も含め、改善のスピードがかなり上がりそうです。

MarsEdit の今後がどうなるのかもっと詳しく知りたい方は、原作者 Brent Simmons 氏と新しい開発者 Daniel Jalkut 氏による Q&A セッション をぜひ。以下はそれを読んだ感想をちょっとだけ。

“MarsEdit が Red Sweater Software に買収される” の続きを読む

WordPress 2.1.1 と ecto

!<https://yusukehida.com/ppmweb/image/wp211_ecto.jpg! ppmweb では、謎に「 “ME”:http://wordpress.xwd.jp/ 」ではなく “ノーマル”:http://wordpress.org/ の WordPress を採用しているので、関係のない方もいらっしゃるかもしれませんが、最新のバージョン 2.1.1 が “出ていた”:http://wordpress.org/development/2007/02/new-releases/ ので、さっそくインストールしてみました。

バージョン 2.1 では、 XML-RPC の実装に “問題”:http://trac.wordpress.org/ticket/3662 があり、 “ecto”:http://ecto.kung-foo.tv/index.php で過去記事を取得することができない状態になっていたので、(自分でもすぐ修正できる問題なのに、なぜか)ecto を放置していたのですが、2.1.1 ではこれが修正され、さきほど試してみたところ、ecto がサクサク過去記事をダウンロードしはじめました。

これでようやくまた ecto を使うことができそうです。…というか、WordPress にして初めて(!) ecto を使うことができそうです。

Mac 用の RSS リーダをちょっと比較する / NetNewsWire 3 開発途上版

私は以前、RSS リーダに NetNewsWire Lite を使っていましたが、さすがに画面デザインに古さを感じてきたので、乗り換えをするべく、Mac 用の RSS リーダを(シェアウェアを含めて)少し比較することにしました(正確に言えば、NewsFire に決めようと思っていて、その確認のためなのですが)。具体的には、以下の RSS リーダ:

を、 ルック&フィール操作性価格 の面から、(私の独断と偏見で)比較してみようと思います。 “Mac 用の RSS リーダをちょっと比較する / NetNewsWire 3 開発途上版” の続きを読む

ブログクライアント「Kaku」を作ってます。

ソースどころか、このサーバにアップロードしていたバイナリファイルまで紛失(あるいは元々アップロードできてなかった?)したブログクライアントソフト「 Kaku 」を、いちから開発し直し中です。もちろん、紛失したといっても、当時の Kaku はほぼ実験バージョンと言ってよく、ダウンロードされた方はほとんどいない(!)と思いますので、影響は大きくないと思っていますが…

こんどの Kaku は、(以前のものと比べると多少は)ダウンロードする価値のあるものになると思います。はじめにスペックや特徴を挙げると:

  • 対象 OS:MacOS X 10.3(Panther)以降(対象 OS バージョンを引き下げ)
  • 対象 ブログシステム:Movable Type・WordPress(そのほか、Movable Type で使える API: Blogger/MetaWeblog/Movable Type に対応しているシステムなら、動作可能かも)
  • マルチアカウント・アカウント内の複数ブログ(Movable Type など)対応。
  • プレビュー, WYSIWYG 編集機能, 画像アップロード支援機能などは、今のところなし(涙 まあ自分はこれでもいいのですが)
  • 世界で稀にみる AppleScript で書かれたブログクライアント(これは名誉か? それとも…笑)

そして画面デザインは、(今のところ)こんな感じです:


基本画面。なんもなし


全てのオプションを表示

いまなぜわざわざ自分でブログクライアントを作っているかというと、Kaku の紹介ページ にも書いたように、単純に一つ「Movable Type の記事の『出力ファイル名』をデスクトップから変更したい」というのが最初の動機ですが、それ以外にも:

  • (現在使っている) ecto の新バージョンがなかなか出ない ※しかし、「まもなく」出ることは出るようです。作者さんは ウェブサイト で、最新バージョンである 2.4.2 が、バージョン 2.x 系の最後のバグフィックスリリースになる、と おっしゃって います。期待しています。

  • ecto の動作があやしい。 ちゃんと投稿できているのに「処理中」表示が止まらなかったり。これは実害はないのですが、通信が成功すればただポジティブなレスポンスが、成功しなければネガティブなレスポンスがかえってくるだけのはずであり、どうしてこんな状態になるのか理解に苦しみます。また、WordPress への移行後は、記事のカテゴリの取得に失敗して止まってしまいます。WordPress の XML-RPC 実装に問題がある、というようなことも聞きますが、Kaku のテスト版では問題なく取得できます。

  • Qumana が Java だから (ごめんなさい)省略せずに書くと、「Mac で使えるブログクライアントとして、 Qumana という選択肢もありますが、『クロスプラットフォーム』を謳うソフトによくある Java プログラムで、無理に『Aqua スキン』を被せたユーザーインターフェースは、好き嫌いが分かれる。」そして僕は「嫌い」のほうです。普通に Windows 版と同じデザインにできるようにしてくれれば、使ってみたいです。ちなみに、これもカテゴリを取得できません(通信エンジンの問題?)。

で、Mac 用のブログクライアントといえば、もう一つ忘れてはならないのが「 MarsEdit 」ですが、あれ…? 最近 ecto の画像アップロード機能を使ってないから特に不便を感じない…むしろ調子いい! やっぱり自作する意味なしか(涙) …いや、さんざん不満を言っても、彼らを超えることは全くできないでしょうが、ちょっとやってみます。

開発の進み具合は、通信部分はだいぶ前から出来上がっているのですが、それをどういう形で GUI につなげるか、というところで、自分の能力をかなり超えることをやろうとして、しばらく開発が滞っていましたが、それではいつまでたってもリリースできず、つまらないことになってしまいますので、自分の分をわきまえて(涙)できる範囲でやろうと思っています。

Kaku は、現時点では BathyScaphe プロジェクト開発覚え書き で出会った、RBSplitView を採用しています。何も知らずに NSSplitView を自力でコントロールしようとしていたので、ひときわありがたみが分かります(涙)。作者さんに感謝します。

Cocoalicious 、WebnoteHappy 、そして… Socialist 。

この記事は Notes: Cocoalicious でブックマークがダウンロードされない の余談として書いていましたが、長くなったので、別の記事としました。

Cocoalicious を見直したところ

del.icio.us クライアントに関しては、私は WebnoteHappy推して いますが、久々に Cocoalicious を起動して、少し見直したところがありました。それは:

  1. ブックマークのリストに favicon が表示される
  2. 内蔵ブラウザ

  3. は、WebnoteHappy を使っているうちに、少し不便に感じるようになった点と重なるものです。WebnoteHappy では、ブックマークのリストは単純な文字だけのリストになっているため、見たいサイトを探しているときに、「んーっと、どれだっけ…?」と、ちょっと手が止まってしまいます。favicon が表示されていれば、よく行くサイトならすぐ見分けがつきますし、ウェブブラウザのブックマークメニューの感覚にも近いわけです。

  4. は、単純に私の好みがかわってきたというか。昔は内蔵ブラウザがあるソフトが嫌いだったのですが、最近は「まあこれはこれで便利じゃないか」(当たり前)と思うようになってきました。

Socialist

最近、新たなブックマーク管理/ del.icio.us クライアントソフトとして、「 Socialist 」というものが出ています。

このソフトは、一瞬何が便利なのかよく分からなかったのですが、よくよく触ってみると、「ブックマークする(情報を集める?)シチュエーションを1カ所に集め、支援するソフト」という印象(かえって意味不明か)を持ちました。

「ブックマークするシチュエーション」って、ウェブブラウザで検索したものをブックマークしたり、RSS リーダ経由で読んだ記事をブックマークしたり、また私は RSS リーダ内でフラグを付けたり、といった時がありますが、いくつかのソフトを行き来しなければならず、ややこしいわけです。

Socialist はそれを、1カ所に集約しようと試みています。Socialist では、あらかじめ「del.icio.us Hotlist」のフィードが登録されているほか、好みの RSS フィードを登録できます。また、友達の del.icio.us ブックマークを購読したり、del.icio.us の好みのタグを購読することができます。

購読している項目を選ぶと、「Bookmark」というボタンが表示されるのですが、これが面白いのは、(恐らく del.icio.us にそのページが登録されていれば)ボタン一発で、すでにタグが設定された状態で、自分の del.icio.us ブックマークに登録できるところです。これなら、もしタグ付けに悩んでしまっても、気楽にブックマークを残しておくことができるし、後から検索するのも楽です。

ただ私は、手軽にブックマークできることも重要だと思いますが、それよりも「いかにまたそのブックマークを使えるか」を重視しているので、その点で Socialist は、検索機能もタグの表示も特に目新しいところはないので、もっとそのへんが強化されるとうれしいです。

究極のブックマーク管理ソフト

私は以前、さんざん WebnoteHappy を持ち上げましたが(実際いいと思いますよ 笑)、こうして少し考えると、まだ「究極のブックマーク管理ソフト」はまだ登場していないなあ、と思います。

私はやはり、ブックマークをネット上に保存したり、共有したりすることではなく、溜め込んだブックマークをうまく使いこなせるような仕組みが欲しいです。ブックマークをブラウザの機能を使って管理していた時代は、手軽である一方、登録して使い物になる量は限られていた、あるいはその限界を超えてぐだぐだになっていたのですが、その何10倍ものブックマークを登録できる del.icio.us のようなソーシャルブックマークサービスでも、同じような手軽さで使えるような工夫がなされたソフトが出てくれば、それが理想です。で、具体的にどんな機能があればいいかと考えると、(また他の機会に改めて考えてみたいですが)今思いついたのは、

  • 検索結果をサムネイルで表示(ウェブ上ではあるか)
  • 起動するたびにおすすめブックマークを表示(登録して忘れてしまってはもったいない)
  • こんな機能(これ書くの3、4回目 笑)

…というわけで、どなたかお願いします(?)

Notes: Cocoalicious でブックマークがダウンロードされない

Cocoalicious は、ソーシャルブックマークサービス del.icio.us のデスクトップクライアントソフト(ブックマーク管理ソフト)です。以前当サイトで、同様のソフトである WebnoteHappyご紹介した ときに、Cocoalicious は「動かなくなっちゃった」と書きましたが、その後、 作者さんのブログ を覗くと、ちゃんと原因と解決方法が 書かれて いました。

Cocoalicious は、作者さん多忙のため、開発が続行されるか不透明ですし(まあ、オープンソースなんですけどね)、この情報自体約1年ほど前のものと、だいぶ古い情報なのですが、前述の記事であれほど「WebnoteHappy を使った方がいいよ!」と褒めちぎったにもかかわらず(笑)、当サイトには「Cocoalicious」で検索してお越し下さる方が多いようなので、少しは役に立つかもしれないので、書いておきます。

Cocoalicious を初めて起動すると、ログイン情報の入力を求められますが、いま、ここで素直に入力しても、ブックマークはダウンロードされてきません。原因は、Cocoalicious に登録されている del.icio.us API のアドレスが古くなっていることです。そこで、環境設定パネルを開き、「API URI:」の欄に、現在のアドレス:

https://api.del.icio.us/v1

を入力してください。

そして、Cocoalicious を再起動すれば、きちんとブックマークがダウンロードされるはずです。これでもうまくいかない方は、環境設定パネルで「Automaticaly login using this account」のチェックを外して、再度起動しなおしてみてください。

Notes: AppleScript Studio のデバッグ機能を確実に使えるようにする

AppleScript Studio(Xcode)でデバッグを行っていると、時々うまくブレークポイントで止まってくれなかったり、Xcode がクラッシュしてしまうことがあります。私も FlightGear Alternative を開発している最中、それまでは大丈夫だったのに、デバッグを始めると必ず Xcode が落ちてしまうようになり、しばらくはデバッグ機能を使うのを諦めていたのですが、やはりコードがそこそこ長くなると、デバッグ機能が使えないと話になりません(私以外の例だと、だいぶ古いエントリになりますが、藤棚さんのブログ の、このエントリ)。そこで、解決方法を探してみることにしました。

結論

  • AppleScript Studio のコードのエンコーディングは「欧米(Mac OS Roman)」以外使うな。

どうして?

事実、コードをすべて「欧米(Mac OS Roman)」で書くように(コメントは英語、ダイアログなどに表示する文字列は localized string of を使う)なってからは、デバッグで怪しい動作をしたことはなく、快適に使えている(なんじゃそら)。

先ほど挙げた、藤棚さんのブログのエントリがヒントに……というかほぼ答えなのですが、「ウィンドウの中のボタンを押すと、『日本語だよ』というダイアログを表示する」というごく単純なプロジェクトを作って試してみれば、すぐ分かります。

ダイアログを表示する部分にブレークポイントを設置して試してみると、やはり「日本語(Mac OS)」「日本語(Shift JIS)」「Unicode(UTF-8)」ではブレークポイントを素通りしてしまいます。ここでコードの日本語部分を英語に直して、エンコーディングを「欧米(Mac OS Roman)」に直せば、完璧に動作します。

「欧米(Mac OS Roman)」でコードを書いていると、間違えて日本語を入力したときに、エンコードを「Unicode(UTF-8)」に変更するよう勧めるダイアログが表示されますので、そのときに変更してしまわないようにご注意ください。

こういった不具合が起きるのは、やはり AppleScript の開発環境が完全に MacOS X ネイティブにはなってはいない、ということなんでしょうね。でも私は、さほど不便だとは思っていません。