Notes: AppleScript Studio(Xcode)の、内蔵エディタのフォントを変更する

Xcode で AppleScript のコードを編集する際に使われる、デフォルトのフォントは、Osaka(非等幅)です。コードが長くなるにつれ、私はこの設定が、非常に辛く感じられるようになってきました。

そこで、Xcode の環境設定の「フォントとカラー」パネルで設定を変更したのですが、なぜか AppleScript のコードには反映されません。

ネット上で解決方法を探してみたところ、日本語でこの問題を扱っているページは意外に少なく、探しづらかったので、念のため、ここにメモしておきます。

システム全体のデフォルトブラウザの設定を Safari の環境設定で行うように、AppleScript 関連の設定は、「スクリプトエディタ」の環境設定で行う仕組みになっています。

よって、スクリプトエディタの環境設定の、「フォーマット」パネルでフォントを変更して、Xcode を再起動すれば、Xcode の AppleScript エディタのフォントも変更されます。

-ちなみに、日本語が含まれる可能性がある項目(自分が日本語を使う項目)、例えば「コメント」「値(数値、文字列、リスト)」には、むりやり英語フォントを指定してはいけません。確かコンパイルは可能ですが、ソースファイルを保存することができなくなってしまいます。- これは、AppleScript 関連のコードが古いことが原因だとか(普通なら代替の日本語フォントで表示されるはず)。この辺の詳しいことは失念してしまいましたが…

(追記:AppleScript Studio をよりよく使うためには、 ソースに日本語を使わない方がよい です。なぜかは、のちほど書きます→「 Notes: AppleScript Studio のデバッグ機能を確実に使えるようにする 」) (追記2:改めて AppleScript Studio のドキュメントを読んでみると、ちゃんと 載ってます 。気付かなかったのは私だけ?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です