Kaku on Articles

新作アプリやアップデートは、いつも 新しもの好きのダウンロード さんに掲載をお願いしているのですが、掲載期間が終わってしまえば、当サイトへの直接のアクセスは、まあ「平穏」なものになります(笑 RSS フィードはわりとご購読いただいている、という印象ですが)。

ところが、今回 Kaku 1.3 を公開 した後、さほどアクセスが減っていないので、確認してみると、Mac.EGOism.jp さんや、Macの手書き説明書 さんにも、ご いただいたようです。ありがとうございます!

Macの手書き説明書 さんの記事やスクリーンショットを拝見すると、「なかなかに高機能」や「Mac らしい」とのお言葉。これには恐縮、というか気後れします。いま誰にでもそう言っていただけるレベルであるかは分かりませんが、確かにそのあたりは、より強化していきたいところです。

ありがとうございました。

To Do Widget

これまでいろんな GTD 系ツールや ToDo 管理アプリを試してみましたが、やはり僕には、先日の記事 にちょこっと載せたように、紙に走り書き、というスタイルがいちばん合っているようで、最近この手のアプリはもっぱら、試すのみとなっています。

そんな中でこの To Do Widget は正直、Dashboard が登場して以来、初めてまともな(すんません)デザインの ToDo ウィジェットが出てきたな という印象。

“To Do Widget” の続きを読む

Kaku 1.3 リリース

Kaku のアイコンKaku 1.3 をリリースします。ダウンロードと基本的な使い方 については、Kaku の 紹介ページ を、 新機能の説明と使い方 については、この記事をご覧ください。主な新機能は、以下の通りです:

  • リンクタグ挿入支援機能 を搭載
  • Movable Type 4.1 のウェブページ編集 に対応

※ 上記に加え、Kaku 進捗 のコメント欄で Hiro さんにご指摘いただいていた、HTML タグ周辺の空白文字が飛んでしまう問題 の修正も含まれています。

このブログは、普段は Kaku で書いているのですが、以前、画像挿入機能を開発している頃だったか、「ppmweb を他のブログエディタで書いてみよう」という実験をしてみました。その結果、「記事をスピーディーに書く」という目的においては、周辺の機能はどうあれ、リンクと画像を、もっとすばやく挿入できるようにしないと、記事を作成するスピードは上がらない と感じました※ 。

リンクの挿入に関して、少なくとも、自分が記事を書くときの傾向を考えれば、過去に挿入したリンクの履歴や、自分が過去に書いた記事のリンクを手軽に挿入できる機能は不可欠だと思うのですが、Windows 向けも含め、他のブログエディタを見回してみると、単に HTML の a タグを、GUI でちょっと簡単に入力できますよ というものがほとんどで、a タグの挿入 + α の機能を持っているのは、僕が確認した限り、Windows Live Writer ぐらいしかありませんでした。

Kaku 1.3 では、a タグに加え、Markdown・Textile でマークアップされたリンクタグを、ワンアクションのドラッグ&ドロップや、クリップボードの URL 認識などで、できるだけ楽に挿入できるようにしたり、過去に挿入したリンクの履歴や、過去に書いた記事・ページへのリンクも、手軽に利用できるようにしたつもりです。

これにより、皆さんのブログ書きが少しでも快適になることを、願わんばかりです。

…それでは、やたらと長い説明をご希望の方は、以下をご覧ください。ご希望でない方は、編集エリアでリンクにしたいテキストを選択してから、ウェブブラウザや RSS リーダーからお好きなリンク(Favicon でもよい)をドラッグしてきて、編集エリアに放り込んでください。それが基本的な使い方です。(でも、リンクの挿入には、やたらといろいろな方法をご用意しましたので、説明をお読みになった方が、自分好みの使い方を見つけられるかもしれません)

※ いや、HTML で記事を書かれている方などには、「簡単なタグ挿入支援機能もないじゃねーかよ!」などと怒られてしまうかもしれませんが…すんません(汗)

“Kaku 1.3 リリース” の続きを読む

Kaku 進捗2

Kaku の新バージョン( 以前の記事 )ですが、大きな機能追加やバグフィックスは、最後のひとつを除いて終わり、この問題が解決したら、最終テスト&そこで発見したバグ潰しに入ります。

ほんとは今日最終テストに入るつもりだったのですが、最後の最後で「前バージョンでは余裕でできたのに、新バージョンではどうやってもできない。原因もよくわからない」という、胸のあたりがモヤモヤしてくる問題を発見。前バージョンのコードを確認しても原因が分からなかったら、オーバーホールだ(涙)

なんとか、クリスマスプレゼントにはならないよう、努力してみます。

Hordes of Orcs

Freeverse の新作ゲーム、Hordes of Orcs を購入しました。今月末までなら MacSanta のセールで、1割引で購入できます。(Freeverse のストアでクーポンコード:MACSANTA07TEN)

こういうタイプのゲームの存在をまったく知らなかったので、グラフィックや UI などを見て「あのゲーム の会社に怒られないか?」と思ったのですが、調べてみた ら、こういうタイプのゲームの由来自体、あのゲーム だとのこと。じゃあそのまんまじゃないか!

それはともかく、片方のトンネルから出てきたオークたちを、もう片方のトンネルに行かせないように、砲台を建てて対抗するゲームです。20匹通過させると負け。

僕はふだんあまりゲームをやらない代わりに、月に1、2回、一日中やって廃人 という日があります(翌日からはむしろ爽やかに日常生活を送る)。このゲームはそういう目的を達成できるポテンシャルを持っていると思いますので、忙しい方は、プレイされないことをお勧めします(ほんとに)。

※ スクリーンショットは、とても邪道な方法でとりあえずクリア直前、の図。

AppleScript Studio から Cocoa API を利用する

久々に AppleScript Studio の話題を。先日、applescript-studio ML に、

  • call method コマンドで Cocoa API を呼び出せるのはいいが、膨大な API の中には、AppleScript がネイティブに対応しているものもある。本当に必要な API がどれかを判断するには、どうしたらいいのか

  • また、その必要な API を AppleScript でラップして、AppleScript の知識だけあれば使えるような、ライブラリのようなものを作ったらどうか

という趣旨(たぶん)の 投稿 がありました。

で、僕はそれに返答を試みたのですが、まず英語に関して、読解力は、なんとかキープできていると思いますが、記述力は、もともと無いうえに、さらに悪化、高校レベルの基本的な文法を忘れている気がします。来年の目標が一つ確定(涙) 結局、自分が思ったことを、自分の記述力で漉してみたら、ちょっとしか汁が出なかった(?)という状態だったので、(日本語なら大丈夫かは別として)ここでリベンジしてみようかと。

“AppleScript Studio から Cocoa API を利用する” の続きを読む

BlogWrite の作者から AtomPub テスト用クライアントソフトが公開

国産ブログエディタの代表といえる BlogWrite の作者から、Fude という、AtomPub のテスト用クライアントソフトがリリースされています。動作環境は Win98SE 以降。

Kaku を AtomPub に対応させるのもそんなには難しくないはず、と(現時点での AtomPub に対する僕の理解では)思っていますが、正直まだ、よく分かっていません。Kaku にもうちょっと最低限の機能がついたら、これも使わせてもらいつつ、勉強したいと思います。

ところで、BlogWrite の作者(というかなんというか、「ウィザシステム社の」という感じのブログでもないからなあ)の ブログ は、以前から購読させていただいていたのですが、最近更新されていないな、と思ったら、英語版 に移行していたようです。

日本発で、海外でも評価されているソフトのあまりの少なさ(そうでもない?)を悲しく思っている僕としては、別の意味でも期待してしまいます。

UPDATE:「作者さん」は気持ち悪いので修正。こんどは呼び捨てみたいだけど。

Pro Street Romania

僕はいちおう車好きなので、VODCars というビデオポッドキャスト1 を購読しているのですが、その先週の エピソード 経由。

内容は、「町で唯一のプロ(?)ストリートレーサー」を自認する Marek とライバルの Dragos が、それぞれ究極の改造を施したチューニングカーを操り、橋の上で対決する、というもので、ルーマニアにおける、現在進行形のストリートレースシーンを描いたもの…かは分かりません。

ここにこういうのはあまり投稿しませんが、いろんなところがツボに入ったので。ちなみに、なぜかお姉さんがやたらとキレイです。


  1. 内容は、視聴者からの投稿 + YouTube かどっかから拾ってきたもの、という印象。車を見たいのなら、間違いなく他にもいいのがありそうですが、最近新しいのを探していないので… 

Kaku 進捗

Kaku のリンクタグ挿入機能、当初は「画像挿入機能よりも簡単にできるだろう」なんて言っていましたが、よくよく考えれば、リンクするページを拾ってくるところ:

  • ドラッグ&ドロップで登録
  • クリップボードにあるURLを認識
  • ブラウザで開いているページの URLを認識

や、リンクタグの挿入方法:

  • ドラッグ&ドラップ
  • キーボードショートカット
  • コンテキストメニュー

などなど、工夫できそうな部分が多く、まったく先が見えません。「次のバージョンに、具体的に、どこまでのアイデアを盛り込むか」また「そもそもそんな技術力があるのか」をちゃんと考えないといけないかもしれません(当たり前か)。

“Kaku 進捗” の続きを読む

Leopard:インターネット共有とファイアウォール

いま、ケーブルモデムに有線でつながれた iMac を母艦に、AirMac 経由の インターネット共有 で、旧マシン iBook G4 でもネットに接続できるよう設定してあるのですが、これが Leopard にしてから接続できなくなってしまいました。

いろいろいじってみた結果1 、これは根本的な解決策ではない気がしますが、僕の環境では、ファイアウォール の設定を 「必須サービスのみ許可」以外 にすると、とりあえず接続できるようになることを確認しました。「必須サービスのみ許可」では、インターネット共有による接続をブロックしてしまうようです。

僕は、先日 CNET のこの記事 の「Appleのファイアウォールは、デフォルトではオンになっておらず…」の部分だけに反応して、慌ててオンにしたクチ(危ねえな)なのですが、この記事を改めて読んでみたり、その他いろいろ調べてみると、Leopard のファイアウォールには、いろいろ不安な部分があるようですね。

そもそも、自分が許可しているインターネット共有サービスへのアクセスをがんがんブロックしたり、ぱっと見「必須サービスのみ許可」よりセキュリュティレベルが高そうな「特定のサービスおよびアプリケーションにアクセス設定」にすると余裕で接続できるなど、素人目にはよく分かりません。


  1. さらりと書きましたが、実際は、日がな一日見当違いのところをいじりまくって、果ては「アーカイブとインストール」で Leopard を再インストール。でもシステムが初期状態に戻ったので、爽快。